【視察ツアー】新規事業創造塾 CES2019 視察ツアー

日経BP総研 未来ラボ企画『新規事業創造塾 CES2019 視察ツアー』


百聞は一見に如かず!
世界中の新規事業が生み出される現場に立ち会おう!
新規事業創造塾の人気講師による「CES×事業開発ワークショップ」現地開催!

CES2019で最先端のテクノロジーを知り、世界の動きを肌で感じる!
新規事業に携わるなら見ておくべき世界最大級のイベントCESと「新規事業創造塾(日経BP総研 未来ラボ)」の
講師・秦充洋氏による現地ワークショップを組み合わせた新規事業開発のための特別視察ツアー

■ なぜCESなのか

CESは、世界中の最先端テクノロジーと最新のビジネスモデルが一堂に会する世界最大の展示会です。
ここから毎年「新規事業」が創造されている現場であるともいえます。

新規事業で成果を出すためにはこの現場で起こっている熱気に触れるとともに新しいアイデアや刺激をインプットすることが
とても重要です。その最大の場こそCESであり、なにごとも「百聞は一見にしかず」の姿勢で体感するべきだと考えます。

また、今回は日経BP総研 未来ラボが展開する「新規事業創造塾シリーズ」の人気講師・秦充洋氏が帯同し、現地で「CES体験を活かした新規事業開発ワークショップ」を行います。単なる展示会の見学ではなく新ビジネスを見据えたアウトプットを手に入れることが出来ます。

この機会を逃すと次は1年後です。まずは世界の最先端テクノロジーとビジネスに触れることで、新規事業開発を成功させる
ためのスタートを切っていただくことを提案します。

■ CESとは?

・最新技術が一堂に会する世界最大規模の展示会
・近年は家電のみならず、自動車やIT、ヘルスケアテックやテックスタートアップなどの最新の展示もここで行われる
 ようになった、最先端のビジネスが生まれる世界が注目するイベント
・2018年は世界中から4,500社の展示、20万人の参加者

■ ツアーに参加するメリット

・視察初日目と最終日には参加者による交流会、情報交換会を開催
・快適な、1名さま1室利用
・秦充洋氏による現地での「CES×新規事業」ワークショップ開催
・日経BP社のCESレビュー記事を後日冊子にまとめて提供
・CES2019事前登録手続き代行


秦 充洋(はた みつひろ)氏 略歴
株式会社ミレニアムパートナーズ代表取締役
一橋大学ビジネススクール(HUB)講師
早稲田大学ビジネススクール(WBS)講師
NPO法人「ヘルスケアリーダーシップ研究会」理事

1992年一橋大学商学部卒業。ボストンコンサルティンググループ東京事務所に入社。国内外の様々な分野の大企業を対象に本業見直し、新事業戦略策定などの戦略プロジェクトに携わる。95年には同社ソウルオフィスに現地駐在。1996年、医療従事者に医療情報を提供する株式会社ケアネットを共同で創業、取締役副社長として事業計画の立案、実行、資金調達、管理、放送事業を担当(同社は07年東証マザーズに上場)。99年VCの誘いによりネットベンチャー社長に転じ、1年で売上高を80百万円から1,500百万円に拡大。戦略立案、実行、資金調達、有力B2B企業買収を実施。ネットバブル崩壊後は事業クローズも実施。02年BCGに復帰。プロジェクトマネジャーとしてM&A、事業再生、新規事業立ち上げ、組織人事政策策定などを指導。

06年ミレニアムパートナーズ設立し、大企業を中心に新規事業開発のワークショップ、次世代リーダー育成、スタートアップ向けファンド運営などを行う。最近までグロービス経営大学院にて新規事業関連科目の担当講師で、現在は一橋大学ビジネススクールと早稲田大学ビジネススクールにて講師を務め、起業家育成などに携わる。著書は『プロ直伝!成功する事業計画書のつくり方』(ナツメ社)、『未来事業2018実践編』(日経BP社)監修『未来事業2018-2027』(日経BP社)。


日程表および 旅行条件は、 こちら からご確認ください。
★ お申し込みは、下記「申し込み」から必要事項をご入力ください。

日時 2019年1月8日(火)~2019年1月13日(日)  
※申込締切日:2018年11月28日(水) 残席わずか!
会場

参加費 【旅行代金】¥550,000
 (大人お一人様あたり、シングル1名1室、エコノミークラス利用)
※上記旅行代金の他に、国内空港施設利用料(2,090円)、旅客保安サービス料
  (520円)、海外空港諸税・燃油サーチャージ(概算35,120円)が必要になります。
  (いずれも2018年10月1日現在の金額です。)
※ビジネスクラス/プレミアムエコノミークラス追加料金: お問い合せください。 
定員 20名(最少催行人員 15名様) 
対象  
主催 【旅行企画・実施】株式会社JTB
【企画協力】日経BP社 日経BP総研 未来ラボ
共催
協賛
後援
内容 【企画に関するお問合せ先】
 日経BP社 日経BP総研 未来ラボ
 〒105-8308 東京都港区虎ノ門4-3-12
 E-mail: mirai@nikkeibp.co.jp 
備考  

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

【お申し込み・お問合せ先】
株式会社JTB 新宿第二事業部 営業第一課 
担当:前澤・佐伯・井脇
TEL: 03-5909-8091 FAX: 03-5909-8110
E-mail: m_maezawa879@jtb.com
(受付時間09:30~17:30※)
※土・日曜日、祝日、年末年始、ゴールデンウィーク期間は翌営業日以降の対応とさせていただきます。

このページのトップへ

PAGETOP